FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初対戦

ここ最近はWSと愚痴しか書いてなかったが、ヤハリ今回もWS話となる。


前回のブログでも書いたが、WSの対戦を目的にSkypeを導入し、セットアップもすでに終わらせている。
残る問題は「対戦相手」だけだが、とりあえず某SNSのコミュからふさわしい人をピックアップしてメッセージを送っておいた。

しかしほぼ一週間経つのに連絡が無い。
一応こちらの年齢を伝えておいたので、もしかするとオッさんは相手にしてもらえないのかと、半分あきらめていた時に返信が届いた。
内容は『対戦します』と言う事で、思わず「やった~っ!」と叫んでしまった。
しかし対戦日がその日の夜と言う事。

実はその日、船の都合で朝5時30分から仕事をしていた。
開始がこの時間なので当然起床はさらに早く、4時30分には準備のために起きていた。
しかも前夜はなぜか寝つきが悪く、賞味3時間くらいしか寝ていなかった。

つまりその日は寝不足で、夜は早めに寝ようと思っていたのだ。
しかしせっかく対戦してくれると言うのに断っては失礼かと思い、その日の夜に初めてのSkypeを使用したWS対戦を行う事にした。


約束の時間にSkypeでコンタクトを入れると相手が出てきて、まずは軽く挨拶を交わす。
プロフィールでは初心者と言う事だが、デッキなどを見る限りそんなに初心者とは思えなかった。
もしかすると対戦要望が多く、場数を踏んだ事で初心者の域は脱していたのかもしれない。

となるとこちらへの返信が遅れたのも、それが原因かもしれない。
総数では一万人以上が参加する巨大コミュだ。
そこで「対戦希望」などと書けば、下手をすれば数百人単位で希望が殺到するかもしれない。
もしその人たちと対戦を繰り返していれば、そりゃもちろん上達するだろうしなぁ~。

と言う事でこちらのデッキは二つだけだったので二戦やったのだが、結果はもちろん惨敗!
TDベースのネオスタン程度では、計算されて組まれたスタンには太刀打ち不可能だった。
「ザクとは違うのだよ!ザクとは!」(ラルさ~ん♪)

二戦やったところで0時近くなり、さすがに睡魔の限界も来てたからそこでお開きに。
リベンジをお願いしてから初のSkype通信&WS対戦を終了した。


相手は若い方だったが言葉使いも良く、礼儀正しい人でした。
どちらかと言うとkingの方が大ミスをやってしまった!
Web通信もWS対戦も初なので完全に舞い上がってしまい、対戦相手のHNを忘れてしまうと言うチョンボをやってしまった。

その方は念のためにHNを使い分けていたのだろう、SNSとは違うHNを使っていた。
早めにメモしておけばよかったのだが、気付いた時には後の祭り。
失礼な事をしてしまった!(恥

スポンサーサイト

下調べはしっかりと!

昨日のヴァイスシュヴァルツ(以下WS)の話には続きがある。
とあるサイトではSkypeとWebカメラを利用し、オンラインでWSの対戦をすると言う企画がある。
これは同じTCGの遊戯王などではすでに実践されてる方法で、それをWSでもやろうと言うのだ。

そのサイトでは対戦募集のスレがずらりと並んでおり、kingもそこで対戦相手を探してみる事にした。
だがその前に準備しておかなければならない事がある。
そう、Skypeの導入だ。

Skypeの名前と少しの内容は知っていたが、いざ自分がはじめようとなるともう少し詳しく知る必要がある。
と言っても概要は粗方分かっているから後はセキュリティの心配だけだが。

とりあえず今のところは心配する必要が無いみたいなので、さっそくユーザー登録して導入する事にした。
と、その前に肝心のWebカメラを買わないといけないので、先にこちらの情報を仕入れる事に。

某a○az○nのレビューだとLogicoolのCシリーズが良いと言う事。
しかも数字が大きいほど性能が良いと言うので、最近発売されたカールツァイスレンズを搭載の「C920」にした。
Webカメラとしては高価な方だが、映りは値段相応でかなり良かった。


さてカメラは買ったしSkypeも登録した。後は対戦相手だけだなと思い、とりあえず位置調整を兼ねて実際にカードを並べながら試験録画をしてみると、声がやけに小さいではないか。
元々kingは大声を出す方ではないし、築30年の家は音が筒抜けなので大きな声は出せない。
内蔵マイクの性能は悪くないが、それでも遠慮しながら話すと相手に声が届かない可能性が出てきた。

それならと電気屋をまわってヘッドセットを探したのだが、闇雲に探したらとんでもないスカを掴まされてしまった。

最初に1700円の方耳式を買ったが、マイクの部分が短いため声をしっかり拾わずNG!
次に980円の両耳タイプを買ったが、これも集音性能が以上に低く、使い物にならずNG!

三度目の正直とばかりに今度は例のam○zonのレビューにしっかり目を通し、これぞと選んだのがサンワサプライ社製の「MM-HSUSB13BK」1980円。
実際に使った人の感想は集音性能が非常に優れていると言う物だったので、今度こそはと期待をこめてPCにセットした。

ちなみに最初の二つもレビューされてたが、いずれも星二つと評価は悪かった。
最初から目を通しておけば・・・。(泣

さて、二度ある事は三度あるとも言うが、このヘッドセットばかりは正直の方が大当たり。
今までのがウソみたいにしっかりと声を拾ってくれた。
音量調節でマイクレベルを下げないと逆にやかましいほどだ。

いや~さすがレビューで星四つだけの事はある。
最初からこれを買っておけば無駄な出費をせずに済んだのに。
高い教習代でした。

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!

このTCGは気に入った!

久しくブログを書いてなかったなぁ~。
まぁ、そんなに筆まめなヤツじゃないからな。
んでイキナリ本題だが、今回は新たにハマった遊び、トレーディングカードゲーム(以下TCG)について書いてみたい。

アニオタのkingが最近見ていたアニメに「ゼロの使い魔F」がある。
第一期はもう4~5年前に放送されていたが、その頃から続けて見ていて、第四期になるこの放送で事実上の終結、すなわち「Final」になったのだ。

で、これがTCGとどう言う関係があるのかと言えば、ゼロ使のオフィシャルサイトを見ていた時、「ねんどろいどルイズが再販!」「パソコン工房とコラボしてネットブックが発売される!」などなど、ゼロ使ファンが泣いて喜びそうな企画がゴロゴロと。
その中に「ヴァイスシュヴァルツ(以下WS) トライアルデッキ ゼロの使い魔F」と言う文字を発見。

ヴァイスシュヴァルツ ???

聞いた事のない言葉に興味を抱き、調べてみるとこれがアニメのタイトルをTCG化した物だと言う事が判明。
最初は「それがどうした?」くらいにしか思ってなかったが、よくよく調べてみると複数あるタイトルの中に「マクロスF」や「涼宮ハルヒの憂鬱」など、最近見たタイトルがラインナップされている。

これは面白そうだとさらに調べて行くと、一つのタイトルだけでデッキを構成するネオスタンダード(以下ネオスタン)と、複数のタイトルを合わせてデッキを作るスタンダード(以下スタン)があると言うのだ。

今現在持っているのはゼロの使い魔とマクロスFだけだが、それぞれのタイトルだけでネオスタンを二つ作ってもいいし、二つを合わせて一つのスタンを作ってもいいのだ。
すなわちシェリルやランカの歌とルイズの虚無を援護に受けて、ガンダールヴの才人とVF-25が前線で戦う。
このTCGではそんな夢の競演が叶ってしまうのだ。

これはハマらない訳がない。
と言う事でさっそくカード集めを始めたが、マクロスFは最近出たばかりなので問題はなかったが、ゼロの使い魔は2008年とかなり以前に発売されていて、ブースターパックはおろかトライアルデッキすら入手困難になっていた。
幸いな事にauショップでトライアルデッキを見つけ、ポイントで購入する事に成功。
その他のカードは近所のリサイクルショップやネットで集め、一応満足のいくデッキを作る事ができた。

あと最大の難点は対戦相手がいない事だ。
このWSは10~20代を中心に人気があり、そこに50近いオッサンが参加するにはちょっと抵抗がある。
しかしせっかくなので対戦はなんとかして実現させてやるぞ。
プロフィール

king

Author:king
まぁ、バイクとパソとその他いろいろ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。