FC2ブログ

夏の風物

長期連休が終わり今日から仕事始まりなんだけど、まさか初日から残業するとは思わんかった。
まぁ、そんなに長残じゃなかったから昨日の計画通り、光市の伊藤公記念公園で行われる「きもだめし」に参加。
ただ高速使って片道30分の移動、「きもだめし」ごときに俺も好きだねぇ~♪
 
心配してた雨も大して降らず、現場に到着したのは19時ちょっと過ぎ。受付で参加費用300円を払い、スタンプカードを受け取る。
きもだめしのコースには5つのチェックポイントがあり、すべてのスタンプを押すと景品がもらえるとか。(べ、別に景品が目当てじゃないぞ!)
 
スタートは日もとっぷり暮れた19時半前、公園は薄暗くなっていい雰囲気に。
受付した順番でスタートするんだけど、前のグループがある程度進んでから次のグループがスタートする方式。
だからスタートまで10分くらい待たされた。(時間が・・・)
 
kingは一人での参加だったから、後ろの家族連れと相談して一緒に行く事に。
どうせ途中から別行動になるだろうし、後ろの人も早くスタートできるからと快く承諾。
 
 
さて、コースは一本道なので子供連れでも迷う事は無いはず。
ただ「きもだめし」だけあって、明かりがほどんど無いので懐中電灯は必須。
もちろんkingも持参したが、こればかりはミスチョイス!
明るいからと「SUREFIRE」を持って行ったが、逆に明るすぎて困る事に。
 
ほとんど明かりの無い暗闇で、強烈な光を照らすと雰囲気がぶち壊しになるが、足元が見えにくいから照らさざるを得ない。
その足元を照らしていても光の円はかなりの明るさだ。
「SUREFIRE」のセールスポイントに『闇を切り裂く』と言うのがあるが、今回はそれをもろに体感してしまった。
 
 
肝心の「きもだめし」の内容なんだけど、やはり子供だましと言う部分があるのは否めないが、大人でも十分楽しめる内容になっていた。
子供の悲鳴に雑じって大人の声も上がってたし♪(kingもその一人だったりして・・・)
これだけ楽しめるなら来た甲斐があると言うもの。
 
最後はスタンプを5つ押して景品と交換。
え、景品ってコレ?
景品は参加記念のカードでした。(ToT)
まぁ、百人近い人が来るんだから豪華な景品は出せないでしょうし。
 
 
コースを回り終えたのが20時ちょっと前、意外と速かった。
これなら21時までには帰れると、スーパーバルキリー(銀翼)でまたまた高速を30分走破。
かなりの強行軍だったが久しぶりの「きもだめし」は楽しかった、出来ればまた来年来ようかな?
スポンサーサイト

いぢるのが楽しくなる物♪

盆連休の終盤、ここ最近はエアタンクをいぢっているkingです。
この季節ならリキ茶で十分なのに、なぜわざわざいぢるのかと言うと、ある物を涼しくなってから使いたいから。ただそれだけです。
そのある物とは某PAWのT店長に勧められ(そそのかされ)て手に入れた新しいテッポ、WE-TECHのGBB「M4A1」。
WE-TECH(ウェイテック)は台湾にあるエアソフトガンのメーカーで、今では日本の大手メーカー「東京マ○イ」より人気があると言われるほど。
GBB(ガスブローバック)なのでもちろんパワーソースはガスになります。
つまりこのM4を使いたいがために、しまい込んでいたエアタンクを引っ張り出したワケなんです。
 
もう4~5年はサバゲから離れていて、今もフィールドの主役はマル○の電動ガンかと思っていたけど、すっかり時代は変わったようですね。
個人のブログをググってみても、○ルイの電動ガンよりWEのGBBの方に人気が集中してるみたいです。

このWEの人気はどうもお国の事情も絡んでるみたいで、歴史に詳しい方なら分かると思うけど、台湾と中○の関係が影響しているみたいです。
マ○イは電動ガンの生産を主に「○国」でやってるらしく、「中○」と言えばみなさんご存知の通り、品質に関しては「?」か「!」の付いてる国です。
そして台湾は「○国」と仲が悪く、WEは「中○製と一緒にしないでくれ!」と言う意気込みで製品開発を行っているとか。
日本では台湾製のイメージもあまり良くありませんが、これからは品質で選ぶとすると台湾製の方がいいかもしれませんねぇ~。

そんなワケでGBBを冬場でも快適に動かすためエアタンクの調整をしていたんですが、エアタンク自体はどこにも問題はなかったけど、ポンプ(空気入れ)の方に問題が!
エアタンクに10気圧近い空気を入れるため高圧の空気入れを使ってたんですが、鉄製の本体が錆びてあちこちから空気漏れが・・・。
タンクに入れるより漏れる方が多いから使い物になりません。
まぁ、空気入れ自体も永久ではないからしかたないんですけどね。
そこで新しい空気入れを購入しようと調べてみたけど、空気入れにもいろんなブランドがあるんですねぇ~。

ああ、ちなみに電動コンプレッサーも考えたけど、使用頻度・価格・取扱いなどを検討した結果、スポーツサイクル用の高圧ポンプの方がいいと言う結果に至りました。
スポーツサイクルのタイヤの中には6~8気圧もの高圧を充填するタイプもあるみたいで、空気入れもそれに対応して最大10気圧も入れられる物がありました。
kingがエアタンクを使う時もだいたい8気圧ほど入れるので、余裕のある10気圧タイプをチョイス。
値段はかなりするのかと思いきや、安い物だと3千円ちょっとで売ってました。

一番困ったのはメーカー選びで、検索してみると日本では有名なブリジストンやパナソニックを筆頭に、他には聞いた事のない「SERFAS(サーファス)」「TOPEAK(トピーク)」「GIYO(ジヨ)」などの名前がずらり。
まぁ、これらのメーカーもスポーツサイクルに詳しい人からすると、かなりメジャーなメーカーなんでしょうけどね。(kingから見たWEとかKSCみたいな物かな?)
 
んで、最初はア○ゾンを利用しようかと思ったけど、すぐにほしかったので近所の有名なサイクルショップを散策。
残念ながら地方のホームセンターではこれらのメーカーは扱ってませんでした。
幸いにも一軒目ですぐに発見、そこでGETしたのがSERFASの「FP-200」。
販売価格も4千円弱と通販にも負けないくらいお手頃でした。
 
でも本心としてはGIYOの「GF-55」がほしかった。
なぜならGIYOも台湾のメーカーで、「台湾製の空気入れで充填し、台湾製のGBBで撃つ」なんてアホな事を考えてたからです。
ちなみにSERFASは「Made in USA」らしい?

まぁ、そんなワケで目的の物も手に入ったし、後はM4をもう少しいぢってやらねば。
と言っても今は先立つ物が・・・。
プロフィール

king

Author:king
まぁ、バイクとパソとその他いろいろ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR