FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シートを開けやすくしてみた

インテグラのカスタムも一段落し、今は乗る事が楽しみになっている毎日。
筆不精が忘れたころにちょっとしたカスタムをUP!

以前乗っていた銀翼は、シートのロックを外すとシートがわずかに浮き上がり片手で開ける事が出来たんだけど、インテグラはなぜかそのままで両手を使わないと開ける事が出来なくなっていた。
これ細かい事なんだけどホントに不便でしかたがないから、ちょいと使いやすいようにカスタムしてみた。


DSC802.jpg
シート下にゴムのクッションがあり、最初はここの穴にスプリングを入れてみようと思ったけど・・・。


DSC800.jpg
金属のスプリングを受けるために厚さ3mmのゴムシートを張ったら、これだけでもいい具合にシートが浮く様になったからとりあえずこのままにしておいた。
実はこれ「ガータ式泥除け」を作った時に余った切れ端、捨てようと思った物がまさかこんな所で役に立つとは思わんかった。



最初はかなりキツくてキーが回らなかったけど、ロック部分にCRCを吹いたりして滑りを良くしたら今は順調に回るようになった。
で肝心の効果はビミョ~って所かな?

まだ完全に馴染んでないせいもあるから、今しばらく使ってみて効果を検証してみましょう。
スポンサーサイト

レバーグリップを取り付けた

カスタムと言うほどのカスタムではないと思うが、でも有ると無いとでは大違いのパーツを取り付けてみた。
暖かい季節ではそんなに気にならないけど、寒くなると金属のブレーキレバーを握るのが辛くてしかたがない。
かと言ってブレーキを使わずに止まる事などできないので、レバーにスポンジ製のパーツを取り付けた。



DSC756.jpg
寒い季節の朝の通勤で、渋滞したら冷え切ったレバーをずっと触る事になって指が痛くなるんだよなぁ~。
グリップにはグリップヒーターがあるけどレバーにはそんなモノが付いてない。



DSC757.jpg
そこでレバーグリップを装着。
まだ暖かいから効果は分からんが、触った感じでは十分に期待できそう♪



この手の商品は色々なメーカーが出しているみたいだが、今回は「南海部品」の物をチョイス。
まぁ、他より安いと言うのもあったが、何より「支那」じゃなく「台湾製」と言うのが大きな要因。もう支那の時代は終わったんだよ!

( `д´) ケッ!


ハンドルアップスペーサーを取り付けた

先日インテグラのハンドルカバーを取り外した事を書いたが、今回はカバーを外すもう一つの目的をやる事にした。


DSC787.jpg
ノーマルのハンドルポジションだとやや前屈になり、長距離を走ると背中が痛くなってくる。
今回はそれを解消するカスタムをする事にした。



DSC789.jpg
そこで登場するのがこの手のカスタムではおなじみの、ハリケーン「ハンドルアップスペーサー」。
実はこれインテグラ用ではないけど、使えない事はないと言うので購入。



DSC791.jpg
まずはハンドルを外してその下にスペーサーを・・・って、このギザギザだけでハンドルを固定してんの?
あ、もちろん配線やホース類はフリーにしてます。



DSC793.jpg
スペーサーを入れるとこんな感じに25mmほど高くなります。
バイクごとにスペーサーの形状が変わるだけで、機能的には問題ないと思う。(たぶん)



DSC795.jpg
ハンドルを高くしたおかげで乗り心地は良くなるし、ハンドル下のスペースにキーホルダーなんかを入れる事も可能に。


この後もちろん試走してみたけど、以前よりは乗車姿勢が「楽かなぁ~」と言う感じ。
個人的にはもう10mm高くてもいいくらいだが、強度の事を考えるとこれでいいかも。
後は時間をかけて人間がバイクに合わせるしかないけど、しばらくは銀翼の癖が抜けないだろうしなぁ~。

( ̄Д ̄;)イテテ

エクステンダーフェンダーを取り付けた

連日続けてイングラム・・・じゃなく、インテグラのカスタムを進めているが、今回は車体を汚れから守るパーツを取り付けてみた。


DSC678.jpg
パイツマイヤーカンパニーのエクステンダーフェンダー。
これはフロントフェンダーに取り付ける延長のフェンダーだ。



DSC709.jpg
最近のバイクはコスト削減の一環なのか、パーツの色々な部分を短くしている。
フェンダーが短いままだと泥はねでエンジンやラジエターが汚れてしまうから、フェンダーを延長して汚れを防止しようと言うわけだ。



DSC738.jpg
まずは型合わせ。
実はコレNC700やNC750用だったんだけど、別にインテグラでも問題はなさそう。



DSC776.jpg
品物にはあらかじめ両面テープが貼ってあるけど、それだけだと不安なので接着剤がわりに「シューグー」を使用。
靴用の補修剤だけど、下手な接着剤より何十倍も役立ってくれる。



DSC777.jpg
作業しやすいようにフェンダーを取り外す。
これはこれで・・・、スゲー間抜けに見えるな。



DSC780.jpg
シューグーを盛り付けてから乾燥させ、フェンダーを元に戻す。
接着力はハンパないので付属のビスを使う必要はなし。




エクステンダーフェンダーを取り付けて約100kmほど走ってみたが、シューグーの接着力でしっかりくっ付いている様なので問題はなかった。
後は永年劣化でどうなるかが問題だが、その時はまたその時に考えよう。

と言うか、次のカスタムに取りかからないとまだまだ残っているのだ。
(;´Д`A 疲れた

ハンドルカバー撤去!

少しづつインテグラのカスタムをやっているけど、これだけはどうしても許せなかったので急遽やる事にした。

インテグラには装飾の意味だと思うけどハンドルカバーが付いて、しかしそのおかげでキーの抜き差しや回転が非常にやりずらくなっている。
これがめちゃくちゃイラついたからカバーを撤去してやった!

DSC696.jpg
イグニッションへのアクセスは、わずかこれだけの空間しかない。
まさに500mlペットボトル1本分だ!



DSC769.jpg
カバーを撤去するとこれだけ広くなる。
真ん中のプレートはハンドルカバーの固定用だが、今度はこれを利用してアクセサリーを付けてやろうと思っている。


DSC773.jpg
これで野郎の大きな手でも楽にキーを回す事ができる。


今回カバーを外した目的は、キーを回しやすくするためともう一つあるのだが、それは次回のカスタムの報告でしたいと思う。

リアサスの泥除けを取り付けた

まず最初に断っておきたい事は、元のアイデアはkingが考えた物ではなく、NC700Xのオーナーである「ガータさん」が考えられた物である。
ガータさんのブログはこちら

アイデアを提供して下さったガータさんに心から感謝します!m( _ _ )m



DSC697.jpg
NC700の兄弟車であるインテグラもやはりリアサスがむき出し。
このままだと泥などで汚れるのは必至。

ただ後で気付いたんだけど、2014年式のインテグラはリアのスイングアームがアルミ製となり、同時に形状が変わっていたのでガータさんの設計のままでは使えない事が判明。


DSC747.jpg
で、ガータ式泥除けをインテグラの形状に合わせて大幅改造。
これが「ガータ式泥除け 2014年インテグラバージョン」だっっ!


DSC750.jpg
インシュロックを通す部分だけは変わってない様なのでここを利用。


DSC751.jpg
車体に接する面は両面テープで張り付け、更にインシュロックで固定。
これなら少々の振動でも外れる事は無い!(と思う)


DSC753.jpg
泥除けの両端はいい具合にスイングアームへ引っ掛かっていて、中央のカットした部分もタイヤに接触する事はなさそう。
ちなみに中央のRはCDを当ててカットしました。


DSC763.jpg
慣らしを兼ねて近所のキャンプ場まで出張。
しかし途中の道に水たまりがあってさっそく泥跳ねが・・・。


DSC765.jpg
ちょっとピンボケだけどリアサスには泥が付いてない!(少し汚れているのは泥除けを付ける前に付いた泥)
ここまで効果があるなら何千円も出してリアフェンダーをわざわざ買う必要がないな。


この様に「ガータ式泥除け」はかなり効果がある事が実証された。
改めて多くの人に無償でアイデアを提供して下さったガータさんに感謝します。


なおゴムシートは近所のホームセンターで購入。(3mm×200mm×200mm 160円)
両面テープ、インシュロックは既に持っていた物。
買い足した工具なども無いので、かかった費用はゴムシート代の160円のみ♪

インテグラ750S 納車

本日やっとインテグラ納車♪
つー事でさっそくインテグラのレビューをしてみたいと思う。なお、比較対象はどうしても今まで乗っていた銀翼となるのでご勘弁を。

DSC688.jpg
【デザイン】
これはもう好みの問題。
あえて言うならインテグラより銀翼の方がカッコ良かったと思う。

【走行】
750ccでチェーン駆動でDCT搭載なんだから悪いはずがない。
そのDCTの完成度はかなり高く、発進時の半クラッチ状態やシフトのタイミングなどはまったく違和感無く、特に発進時はスクーターより反応が良い。

DSC705.jpg

【乗り心地】
足つきが悪いと言うレビューをよく聞くがそれは間違いではなかった。身長175cmでも停車時はつま先立ちになる。
ブレーキの効きが甘くサスがゴツゴツとやや硬め。これは乗っていれば変わると思うが。
ステップはそれなりに広いが、足を中途半端に曲げる姿勢で運転する様になる。これは高身長だと顕著になるだろ。
シートもまだ硬く、1時間も乗っていたら尻が痛い。と同時にシートの背もたれと言うか境目がハッキリしてないからポジションが不安定。
銀翼はシートに段差があったから、腰をホールドしてくれて安定感があった。
ハンドルの高さが中途半端なので腰が痛くなる。カスタムでハンドルアップスペーサーを入れた方がいいかも。


とまぁ、エンジンを含めた走行性能は文句なしの満点だが、乗り心地だけは銀翼に軍配が上がってしまう。
つか、まだ銀翼の乗り心地が残っているからインテグラに慣れてないだけかもしれないが。

ドナドナ

本日5年間乗って来たスーパーバルキリー(銀翼)が友人の元へ「ドナドナ」された。
つか、誰が言い出したんだよドナドナって!

何にしろ5年間がんばってくれた銀翼よありがとう。
気が向いたらまた会いに行くからな♪
(;^ω^A

銀翼の思い出

本日ショップにインテグラが入荷された。だがまだナンバー登録してないし、ETCやグリップヒーターの取り付けもあるので正式な納車は土曜日になる。
そしてインテグラの納車日が近付くと言う事は、銀翼との別れも近付くと言う事だ。


銀翼を購入したのはほぼ5年前で、それ以前は250ccのビッグスクーター「フォルツァ」に乗っていた。


MF-06フォルツァ


このフォルツァには約7年くらい乗ったと思う。
日常の通勤から日帰りツーリングまで、ありとあらゆる場面で活躍してくれた。
だが250ccの利点と言うか車検が無い事に調子こいて点検をおろそかにし、ある日ドライブベルトが破断して走行不能になる失態を犯してしまった。
ちょうどその頃から単気筒特有の振動も激しくなり、これを機に銀翼へ乗り換える事となったのだ。



IMG_05832.jpg
7年間がんばったフォルツァと納車されたばかりの銀翼


そして銀翼に乗り換えて早5年、念願の大型二輪の免許を取ったのでインテグラへ乗り換える事となった。
思えば銀翼に乗り換えたのはつい先日の様に感じるが、あっと言う間に5年も経ってしまったんだ。
そう言えば二輪の免許を取ってから色々なバイクに乗ったが、カスタムに一番金をかけたのは銀翼かもしれない。


2010年に「ETC装着車はどこまで行っても一律千円」なんて事があったから、それならと約3ヶ月も待ってETCを装着し、どうせならこの制度を最大に利用してやろうと京都への一泊ツーリングを実行。
往復2千円で京都まで行けたのはありがたかった♪

翌年、東日本大震災の起きた2011年にはヘッドライトのバルブをHIDに交換。さらに翌年の2012年にはストップランプやリアウインカーをLED化。
カスタムには関係ないが同じ2012年に北海道ツーリングの予行練習のためのキャンプツーリングも始め、2013年にはバイクでの動画撮影にハマって「Contour ROAM2」をゲット!
そして今年はGIVIのトップボックスを大型化して、ついには初の大型二輪「インテグラ750」に乗り換え。


とまぁ、後半はあまり関係ない物も含まれてしまったが、それでも銀翼に手をかけた分思いも深い。
だからと言ってこれが永遠の別れと言うワケでも無く、友人の元へ「ドナドナ」されるのが救いかもしれない。

何にしろ5年間がんばってくれた銀翼に感謝をこめて乾杯♪
( ^_^)pq(^_^ )


プロフィール

king

Author:king
まぁ、バイクとパソとその他いろいろ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。