FC2ブログ

ストラト改造計画 補修&ノイズ対策編

前回はギターの分解までやりました。
このままノイズ対策へ移りたいんだけど、各所に「支那クオリティ」の雑さが目立ったので、ある程度の補修をしてからノイズ対策をします。



DSC1567.jpg
まずはネックの部分。
ネジ穴の面取りをして余分な木くずを取り除き、ボディと接する面もペーパーがけして平らにしました。
写真を撮り忘れたけど、もちろんボディ側のネックと接する面も可能な限り平らにしたから、これで少しは音質が変わるんじゃないかな?



DSC1569.jpg
これはボディとネックを固定するパーツだけど、金属パーツのネジ穴がやはり雑な仕上げ方だったので、ヤスリがけして余分なバリを取り除きました。



DSC1593.jpg
ザグリの部分もノミやヤスリを使って塗装や凹凸を取り除きました。
ちなみに丸で囲った部分は配線を通す穴ではなく、なんと「虫食い」の穴です。
いくら見えない部分とは言え、こう言う無神経さに腹が立つ!



DSC1543.jpg
ノイズ対策用に百均で買ったアルミテープ。
あくまで噂なんですが、普通のホームセンターで売っているアルミテープより、百均製の方が電気を通しやすいと言う事なのでこちらをチョイス。



DSC1606.jpg
ザグリ内にサクッと貼り付け♪
言葉で言うのは簡単だけど、実際は2時間近くかかっています。



DSC1603.jpg
ピックガード裏にも全面貼り付け、これは1時間くらかかったかな?
このアルミテープは「粘着面」に通電性が無いので、テープの一部を折り返して貼り付けました。
もちろんテスターで通電テストもやってます。



DSC1619.jpg
対策が終了したので配線を元に戻します。
なお、アルミテープは張っただけでは意味がなく、ちゃんと「アース」を取らないと逆にノイズを増やす原因になるそうです。
そこでアース用のコードを新たに増やし、念入りに「三か所」ほどアースの接点を取りました。

この線はポットでなくジャックのアースに直接取り付けしてます。
その結果もあるでしょうが以前よりもノイズが激減し、今ではゲインをMAXの状態でオーバードライブをかけるとノイズが目立つかなぁ~と言うレベルまで改善できました。



この後の予定だとネックの調整をして元に戻すつもりだったんですが、新しいペグの入荷が遅くなりそうだと言う事なので、追加のカスタムとして電気系もいぢる事にしました。
ただピックアップの交換まではしない事に、なぜなら「虫食いボディ」にそこまでする気が無くなったからです。


そうだ、このストラトの名称は「虫食い」にしてやろう。
支那クオリティに対する精一杯の嫌味を込めてやる!




更に⇒ To Be Continued




ブーブー(`ε´*)
スポンサーサイト

ストラト改造計画 分解編

それではいよいよストラトのノイズ対策を始めようと思います。
だけどまずは分解しない事には始まらないので、必要と思われる工具をありったけ集めてから万全の状態で取りかかります。



DSC1537.jpg
安物のギターとは言え壊したら元も子もないので慎重にやる必要があります。
う~む、ちょっと緊張して来たぞ!



DSC1540.jpg
ピックガードを取り外せるように、まずは張ってある弦を外します。
そう言えばストラトの弦を外すのは2回目か、レス・ポールは1回も外してないけど。



DSC1547.jpg
弦を外したストラトと、作業を監視しに来たぬこ様。
「丁寧にやってるかニャ~?」



DSC1550.jpg
ダイヤルが外しにくい場合はこの様に紙などを敷き、マイナスドライバーを使って「てこの原理」で外すといいそうです。
まぁ演奏していればピックで傷付くんですけど、無用な傷は付けないに限りますから。



DSC1557.jpg
ダイヤル類からネジまで全て外した状態。
このまま無理をすればピックガードが取れそうなんだけど、壊すのは嫌だからネックを外す事に。



DSC1559.jpg
ストラトのネックはボディの裏からネジ止めしてあるだけなので、これを外せば簡単にネックが取れます。
まぁ外す方なのでネジを傷める事は無いと思いますが、念のために慎重に外して行きます。



DSC1562.jpg
開けてビックリ・・・じゃなく、外してびっくりネックの裏。
ネジ穴の仕上げが凄く雑だし、ボディと接する面には塗料や木くずがビッシリ!
やっぱり「支那クオリティ」だなぁ~。



DSC1565.jpg
ボディの側も凄くいい加減な仕上げ方に・・・、いくら安物でもこれはちょっと酷い!
これは予定外の事だけど、どうせだからついでに手を加えておきましょう。



DSC1580.jpg
ピックガードを外すとこんな感じ。
だけどトレモロユニットの裏側と、ジャックを差し込むコネクター部分のはんだを取らないと、ピックガードを完全に取り外す事が出来ません。



DSC1589.jpg
サーキットを外してボディだけになりました、トレモロユニットは外さなくても作業に影響が無さそうなのでそのままに。
さっそくアルミテープを張りたい所なんだけど、ザグリの仕上げが雑過ぎてテープが付かない可能性があるから、ここも綺麗に仕上げるとしましょう。



DSC1591.jpg
ピックガードの裏にもアルミテープを張るつもりなので、ピックアップやポット類も外します。
う~む、やっぱり電気系も換えようかな?





ここまでの分解はおよそ3時間ほどで終了。
ギターの分解は初めてなのと、撮影しながらだったのでけっこう時間がかかりました。
さぁ、次の行程に・・・行く前にちょっとコーヒーブレイクを♪








(´ー`)_旦~~
プロフィール

king

Author:king
まぁ、バイクとパソとその他いろいろ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR