ストラト改造計画FINAL フレット補修&ネジ穴補修編

長かったと言うより、「すごくいい加減な筆不精がてきと~な事をして長引いた」と言う方が正しいストラト改造報告もこれが最後となります。(反省!)
今回は「フレット」「ネジ穴補修」の報告です。

ネック部分はバラしてからオレンジオイルを塗るだけのつもりだったんですが、よくよく考えてみるとフレットも弦を外した時でないとメンテが出来ないので、このついでにフレットのメンテも徹底的にやっておきました。



DSC1573.jpg
ペグまで完全に外した状態のネックと、またまた監視に現れたぬこ様。
「壊すんじゃニャいぞ!」


DSC1570.jpg
じっくり見てもらったら分かるけど、ペグ穴の仕上げがすごく雑です。
所詮は「支那クオリティ」か・・・。


DSC1577.jpg
指板を保護するためにクラフトテープで目張りします。
当然ですが、あまり粘着力の強過ぎるテープを使うと指板自体を痛めてしまいますから。
「お、おい!ニャにをするだぁー!」


DSC1613.jpg
ここで登場するのが金属磨きで定評のある研磨剤の「ピカール」
エアガンのカスタムやキャンプ用の鍋を磨いたりしたけど、まさかギターでも活躍するとは思わなかった。


DSC1609.jpg
ピカールをキッチンペーパーに少量付け、あまり力を入れずに磨いて行きます。
ちょっと見えにくいかもしれないけど、右は磨く前で左が磨いたあと。
若干輝きが違いますね。


後で知ったんですが、古いクレカなどに切り込みを入れそれでフレットを磨く方法もあるそうです。
もっと早く知ってりゃ・・・。


すべてのフレットを磨いた後は、小一時間ほど放置して研磨剤を乾かします。
その後にクラフトテープを外して、仕上げにフレットと指板の間に残った研磨剤をカッターナイフの刃で丁寧にかき出して終了です。
たぶんこのおかげだと思うんですが、チョーキングをやる時に引っ掛かりが無くなった様な気がします。

今度弦交換する時に、レス・ポールでも試してみようかなぁ~♪







なお、順番的にはサーキットの改造の後になるんですが、またまた補修しなければならない個所が発生しました。
それがネジ穴です。

実はピックガードの11ヶ所あるネジ穴のうち、5ヶ所がいわゆる「バカ」になっていたんです。
サーキットの改造行程でピックガードを付けようとしたら、いくら回しても締まらないネジ穴がありました。
まぁその内の1ヶ所は自分でねじ切ってしまったんだけど、後の4ヶ所は明らかに最初からバカになってたんです。


ホントに支那クオリティって外見だけ良ければ何でもアリって感じですね!


DSC1632.jpg
ネジ穴の補修するための「瞬間接着剤」「つまようじ」
この時はまだサーキットの改造をやってる最中だったので、接着剤を買う時に「ワニグチクリップ」も買っておきました。


DSC1633.jpg
グーグル先生によると、ネジ穴に瞬間接着剤を流し込む事で穴の補修が出来ると書いてありました。
やり方はいたって簡単で、瞬間接着剤を流し込んだあとにつまようじでネジ穴全体に液を馴染ませるだけです。もちろん素早くやらないとそのままつまようじがくっ付いてしまいますよ。
ただネジ穴の大きさによってはそのつまようじを一緒に埋め込む事で、ネジ穴を復活させる事も出来るみたいです。


DSC1638.jpg
瞬間接着剤ってどうしてもこうなるんですよねぇ~。
このまま最低「24時間」は放置して接着剤を完全に乾かします。
乾く前にネジを締めるとどうなるかは分かり切った事ですが。


このおかげで全てのネジ穴が修復され、ピックガードを完全に固定する事が出来ます。
まぁ当然だけど力を入れ過ぎるとまたバカになってしまいますが。








こうして全ての改造・メンテが終了し、3週間後には注文しておいたペグも到着。
ノイズ対策から始まった大規模な改造計画も無事に終了しちゃいました。


DSC1756.jpg
マグナムロックは普通のペグみたいに弦を巻きつけると効果を発揮しないと言う事なんですが、弦が細くなるにつれどうしても巻き代に余裕が無くなってしまいます。
とりあえず1弦はギリギリ一周未満で収まっており、チューニングにも影響はありませんでした。


DSC1751.jpg
そしていきなりなんですが、ついでにレス・ポールもマグナムロックに換えちゃいました♪
こちらも弦が細くなるに従ってほぼ一周巻く様になります。



こうしてズブの素人が見よう見まねでエレキの改造をしたワケなんですが、思った以上に上手く行ったみたいで何のトラブルも無く快調に演奏できてます。
まぁ万一の時は安物だからと諦めも出来ますが、それでもせっかく買った物を壊したくもないですしね。



さぁて、改造も終わった事だしこれからまたバンバン弾きまくるぞ~♪



レス・ポールを♪(ヲイ!)




オワッタ ( ´Д`)=3
スポンサーサイト

ストラト改造計画 サーキット改造編

ブログに関して何か忘れてるなぁ~と思ったら、ストラトの改造報告が途中だったのを思い出しました。(筆不精め!)
つー事で今更感はあるけどボチボチとうpして行きたいと思います。


え~と、前回はバラして補修とノイズ対策した事までを書いたので、今回はサーキット(電気回路)の改造について書いて行きます。
実はサーキットの改造までするつもりは無かったんだけど、ペグをGOTOHの「マグナムロック」に換えるためショップに注文したら、入荷するのに約一ヶ月かかると言う返事が来ました。

つまりノイズ対策は終わっているけど、肝心のペグが手に入らないので弦が張れない状態。
だからと言ってわざわざ古いペグで弦を張るのももったいないから、この時間を利用してサーキットの交換をしようと思ったワケです。
まぁ決定的な要因は、ノイズチェックした時にポッドから「ガリ音」がしたと言う物なんですが。



サーキットに関してはお馴染みの「グーグル先生」で下調べをしたんですが、あまり凝った改造をする必要も無さそうなので、とりあえず現在の配線状態を維持しながら「ポッド」「セレクター」「線」をそっくり交換する事にしました。
それとついでにピックアップも換えようかと思ったんですが、そこまでやる必要もなさそうだったのでピックアップの交換はしませんでした。(正直に言うと高かったから)






DSC1585.jpg
これが改造前のサーキット。
配線の位置関係を撮っておかないと分からなくなってしまいますから。


DSC1623.jpg
どうせほぼ全てのパーツを換えるので、配線ごとそっくり取り外します。


DSC1616.jpg
こちらは青いレス・ポールのサーキットとの比較。
ポッドの大きさが明らかに違うし、ザグリには電磁波防止用の塗料が塗ってあります。
配線も丁寧かつコンパクトにまとめてあり、やっぱり純日本製はいい仕事してますねぇ~♪


DSC1641.jpg
左から「出力用ジャック」「トーン及びボリュームコントロールポッド」「ピックアップセレクター」
出力用ジャックは換えるつもりが無かったけど、安かったからついでに交換する事に。
それとポッドが一個しか写ってないけど、ある理由からこの時は一個しか買いませんでした。


DSC1653.jpg
ポッドを一つしか買わなかった理由は、ザグリの一番狭い部分に大きいポッドが入るかどうかが分からなかったからです。
とりあえず寸法を合わせてから大きい物に換えようとしたんですが、残念ながら予想通りに干渉してしまい、ネジ穴がずれた状態になってしまいました。


DSC1660.jpg
最初はザグリを削ろうかと思ったけど、ピックガードを加工した方が早いので穴の位置をずらしました。
ちなみに真ん中の穴も干渉したから加工してます。


DSC1663.jpg
試しにダイアルをかぶせてみると、加工した部分は見えなくなります。


DSC1675.jpg
なお穴を加工した事でポッドの固定が不安定になるため、ワッシャーを大きく厚い物に交換。
左がホームセンターで買って来た新しい物、右がポッドに付属していたワッシャーです。


DSC1678.jpg
これから本格的なはんだ付けの作業に入りますが、事前の準備をしっかりやっておく事が大事です。
配線などはあらかじめ必要な長さに切っておき、各所は「予備はんだ」をしておくと作業がスムーズに進みますし、画像をじっくり見てもらえば分かると思うけど、ポッドのはんだ付けする面はヤスリで少し荒らしてあります。


DSC1682.jpg
そして毎度の事でスミマセンが、いきなり完成の画です。
この画では見えにくいけどピックアップのコードを束ねてまとめたのはいいんだけど、そのおかげで少し長さが足りなくなったので急遽配線を繋げて延長しました。
それ以外のトラブルは無く、予定通りにはんだ付けが完了♪


DSC1686.jpg
出力ジャックをはんだ付けする前にテストを行います。
使用したアンプは「amPlug2」、ホントにスゲー役立ってくれる♪
ピックアップの作動テストに音叉を使うといいらしいけど、その音叉が無いから「ピンセット」で代用してみたところ、意外にうまく行きちゃんとチェックする事が出来ました。
電気配線にはあまり自信が無かったけど、一発で終わって良かったです。


DSC1693.jpg
チェックが終わりあらためて出力ジャックをはんだ付けしたら終了です。
この作業にはだいたい3日くらい時間をかけましたが、終わってみれば正にあっと言う間でしたね。



これでとりあえず終わり・・・と行きたいんですが、前記した様にまだペグが届いてないので弦を張る事が出来ません。
じゃ次は何しようかなぁ~と考える前に、とりあえず一服しましょう♪


更に更に⇒ To Be Continued


(´ー`)y-~~

久しぶりのロングツーリングで、黒真珠バルキリー(インテグラ)の再レビュー♪

気が付けば一ヶ月以上ブログを書いていなかった。
ああ、筆不精・・・。


さて、気を取り直し(早!)せっかくの盆連休だし天気もいいので、久しぶりに総走行距離530km、総走行時間12時間の「日帰り超ロングツーリング」を敢行してまいりました。
だけど今回のブログはどこそこへツーリングに行って来ましたじゃなく、購入後一年経った黒真珠バルキリー(インテグラ)の再レビューを目的として書いて行きます。




まず今回のツーリングで一番目を引いたのが「燃費」で、市街地での走行結果を検証したところなんと「リッター34.3km」と言う、ナナハンとは思えないとんでもない数値を叩き出してしまいました。(もちろん黒真珠での最高値♪)
帰りには一部高速道路も使用したのですが、その時は「リッター32.5km」しか出ませんでした。(まぁナナハンにしてはこれでも凄いですけど)

ちなみに計測方法は「満タン給油方式」で行い、三回の給油(出発前・途中・帰宅後)はセルフスタンドを利用し自分で行ったから数値にほぼ間違いは無いと思います。


一般道路なのでもちろん渋滞や信号待ちなどがあったけど、今回は平日だった事もあり時速60km平均で比較的スムーズに走れたのが低燃費の要因だったのではないかと思われます。
それにまだ総走行距離が1万6千km程度だから、エンジンにもまだまだ余力が有り余ってるのでしょう。


それに対して意外と数値が悪かった高速走行ですが、実は走行中に気になった点があります。

まず時速70~90kmだとエンジンはストレス無く回ってくれるけど、90~100km付近だと何か詰まった様な感じの音になります。
そして100~110km辺りになるとまた軽快な音で回り始めます。

例えるならスムーズに回る時は「ドドドドド」と言う音なのに対し、100km付近だと「ボッボッボ」と言う詰まった感じの音がします。
これはもしかすると慣らしの段階でエンジンに付いた「癖」かもしれないし、それか去年交換したマフラーの特性なのかもしれません。

高速走行で一番使用する90~100kmあたりがこの調子ではどうにもなりませんが、今の所は大した影響が無いのでこのまま様子を見ながら原因を探り、ベストな走行状態に持って行きたいと思っています。



次にちょっと困ったのが「シート」です。
これは黒真珠を買った時から気になってたんですが、長距離を走るとすぐお尻が痛くなってどうしようもありません。
ライダーのツーリングタイプには色々あると思うんですが、kingの場合は一度走りだすと平気で2~3時間は走ってしまいます。

まぁ理想なのは1~2時間走ったら休憩を取る事ですが、どうしても「降り無精」(?)のkingは走り出したら目的地までほぼノンストップで行ってしまうタイプなんで。
ちなみに今までの最高連続走行時間は「5時間」です♪(バカか・・・)


黒真珠のシートは触った感じそんなに硬いとは思わないんですが、もしかすると硬さではなく「形状」に問題があるのかもしれません。
でもシートの改造となるとあまり自信は無いし加工賃もけっこうするだろうから、いずれライダーに評判の「ゲルザブ」でも買おうかと思います。

と言うか無駄な出費をするより小まめに休憩を取ればいいだけの事なんですが・・・。



黒真珠バルキリー(インテグラ)に関してはナナハンでありながら低燃費、DCT搭載で運転しやすいと言う利点がある半面、細かい変速操作がしにくい事やシート形状の問題もあります。
でも一年間乗ってみた感想としては問題点より利点の方が大きく上回っています。

それにその問題点もアフターパーツを使ったり、自分の意識やライディングスタイルを変化させる事で解決できそうな物ばかりです。
一年経った現在でインテグラ750を総評すると、100点満点中90点くらいですか。
今後も通勤からツーリングまでしっかりと活躍してもらいましょう♪




(((o(*゚▽゚*)o)))
プロフィール

king

Author:king
まぁ、バイクとパソとその他いろいろ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR