スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オカルトチューンのその後

前回のブログでアルミテープを使った「オカルトチューン」に関して書いたんだけど、約二週間経った時点での感想を綴ってみたいと思います。


ハンドリングに関してはやはり変化を感じられません。
まぁ、何度も言いますが「リジカラ」のおかげで既に安定感が増してますし♪

しかしエアクリーナーに貼った方は、プラシーボ効果とは思えないほどの体感を得ています。
特に最近感じるのはターボの加速が鋭くなった事。
でもどちらかと言うと鋭くなったと言うより、いわゆる「どっかんターボ」になってしまった様な気がします。

以前は緩やかに回っていたターボが、今では突然どっか~んと利く様になり、あわててアクセルを戻す事も多々あります。
これはもしかするとアルミテープのおかげでエアクリーナーの空気の流れが良くなったのかもしれません。


しかしながら実際に機器を使って測定した訳ではないから、あくまで「体感」としての感想になってしまいます。
まぁ、これも何度も言うけど、本人が満足してればそれでいいんですけどね♪



ちなみにヒューズボックスにオカルトチューンを施すと、オーディオの音が良くなると言う話も聞きます。
音にはちょっとこだわりたいので次回はヒューズボックスにもやってみようと思います。




(*^_^*)

スポンサーサイト

オカルトチューン

知ってる人はすでに知ってると思うけど、ここ最近よく聞くようになった「オカルトチューン」と言う物があります。
アルミテープチューンとも言い、車にアルミテープを貼って性能アップをしようと言う物らしいです。

そんな簡単な事で車の性能がアップするなんて信じられないけど、そもそもこの方法はあの「トヨタ」が言い出して自車に採用してるし、しかもそこそこの効果を体感した人がたくさんいるみたいなんです。


このチューンに関してもうちょっと具体的に言うと、走行中の風により車体が静電気を帯びるので、それを逃がすために電導性のあるアルミテープを貼ると言う物。
これに関しては色々なサイトで検証が行われている様だけど、はっきりと化学的根拠が示されている訳ではなさそうです。

実際に試した人の中にも、これはフラボノイド・・・じゃなく「プラシーボ(思い込み)効果」だと言う意見もあるので真相は良く分かりません。

ただ嬉しいのがこのチューンはわずか数百円で行えると言う事。
これだけ安ければ思い込みだろうが例え効果が無かろうが惜しくはないですから。


と言う事でkingもさっそく試してみました。
あ、それと毎度の事でスミマセンが、「オカルトチューン」「アルミテープチューン」の詳しい事は各自でググってみてください♪







まず用意する物は電導性のあるアルミテープ、以前エレキギターの防磁処理をする時に使った余りです。
他の方の意見では糊面にも電導性のあるアルミテープが良いそうですが、これは百均製なので糊面の電導性は無いと思います。

そして「櫛」型の方がより効果があると言う事なので、この様な加工をして二枚作ってみました。




DSC2507.jpg

まず一枚はステアリングコラムの下側に。
ここに貼るとハンドルの操作が安定したりシャープになったりするらしいですが、kingの場合は「リジカラ」のおかげで既に安定感が増しているのでそんなに変化は感じられませんでした。





DSC2513.jpg

そしてもう一枚はエアクリーナーの上に、こちらは若干の変化を感じられました。
空気の流れを良くするつもりで貼ったのだけど、そのおかげなのか加速力がややアップした様に感じます。

スカイアクティブと言ってもやはりディーゼルはディーゼル、発進時や追い越し時の加速力はガソリン車にかないません。
しかしアルミテープを貼った後では、アクセルを踏んだ時のレスポンスが良くなった様な気がします。



実際に数値で出している訳ではないからフラボノイド・・・じゃなくプラシーボ効果だと言われても仕方ないですが、要は思い込みだろうがオカルトだろうが乗ってる本人が満足してればそれでいいんじゃないでしょうか♪




(^∇^)
プロフィール

king

Author:king
まぁ、バイクとパソとその他いろいろ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。