スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SYGN HOUSE(サインハウス) 「LED RIBBON(エルリボン) H4」到着!

3月に入りだんだん暖かくなり、晴れた日は絶好のツーリング日和になり始めています。
そうなるとバイクが活躍し始めるんですが、kingの黒真珠バルキリー(インテグラ)はシーズン突入前にもう一カスタムしようと思っています。
で何をやるのかと言うと、ヘッドライトのバルブを交換する事にしました。


実は以前乗っていた銀翼はバルブを「HID」に替えていて、その眩しいほどの明るさが気に入ってたのでインテグラもHIDにしようと思ってました。
しかし銀翼で使っていたサインハウスのHID「DC46W」は生産中止になっていて、どこを探しても手に入れる事が出来ません。

仕方なく他メーカーのHIDも検討したけど、あからさまに安すぎる物や逆にこれでもかと高価な物ばかりでした。
しかもHIDの「H4」はハイとローの切り替え機能が複雑で、その機能性に不安がある様な物ばかりです。
これでは仕方がないのでとりあえずHID色のハロゲンバルブを装着してみたものの、やはりHIDの光量には到底及ぶ物ではありません。


そんなこんなでしばらくは別のカスタムをやったり、他の趣味に没頭していたのでHIDの事はすっかり忘れていたのですが、久しぶりにサインハウスのHPを覘くとHIDに代わる新商品が紹介されてました。

それが今回買った「LED RIBBON H4」です。

このLED RIBBONは小型バイク用としてすでに発売されていたんだけど、ついに中・大型バイク用のH4型も登場したんです。
H4型は発売されたばかりだけどLED RIBBON自体はかなり前に発売され、それなりに実績もあるのでトラブルなどの問題も少ないと思われます。





DSC1322.jpg
LED RIBBON H4の外装。
これによると消費電力は30W、明るさは3000ルーメン。白色の6500K(HID5500K相当)となってます。
スミマセンが「ルーメン」「ケルビン」の違いについては各自でググってみて下さい。


DSC1325.jpg
ドジャ~ん!蓋を開けるとこんな感じ。
上からLEDバルブ本体、コントロールユニット、放熱用リボン。
つかB+COMもそうだったけど、無駄に高級感が漂ってる様な気がするんだけど・・・。


DSC1326.jpg
これが「LED RIBBON」の名前の由来でもある放熱用のリボン。
髪の毛ほどの細い針金を編んで作ってあるので放熱性はもちろん、意外と柔軟性にも優れています。


DSC1328.jpg
使用する場合はこの様に広げて風に当たる面積を増やします。
ちなみに他メーカーのLEDバルブはファンで冷却するタイプもあるけど、LEDの寿命に比べるとファンの寿命などあっと言う間なので、長い目で見るとリボンタイプの方がメンテやコストの面で優れています。


DSC1332.jpg
これがLEDバルブ本体。
シェード部分は熱伝導率の良いアルミで出来ているらしく、効率よくリボン側に排熱してくれるそうです。


DSC1335.jpg
バルブ・・・と言うか光を発するLED部分。
ハイ側3個、ロー側3個の計6個のLEDで光らせます。
と言うか、たった3個のLEDで夜道を照らせるとは、技術の進歩はすばらしい!


DSC1337.jpg
その他コントロールユニット本体、そのユニットを固定するための両面テープ2個。
バルブとリボンを固定するためのネジ4本、そしてバルブとリボンの熱伝導を良くするための「伝熱シリコングリス」
PCを自作する方にはお馴染みのあのグリスですね。


DSC1339.jpg
イマイチ不満だったのがコレ!
純日本製かと思ったらユニットに「Made in 支那」の文字が!
ホントに大丈夫なんだろうなぁ~?





品物は思ったより早く到着したけど、取り付けは週末まで待たないと出来ません。
黒真珠バルキリー(インテグラ)のカウルを外す行程が必要になるため、仕事が終わってからだと時間が足りないからです。
つか、フルカウルタイプってこう言う時に苦労すんだよなぁ~。

さて、これを取り付ければインテグラのカスタムも一段落つくぞ~♪




ヤレヤレ(´ー`)y-~~
スポンサーサイト
プロフィール

king

Author:king
まぁ、バイクとパソとその他いろいろ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。