スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LED RIBBON H4取り付け開始・・・の前に!

先週届いたサインハウスのLED RIBBON(エルリボン) H4の取り付けをやろうと思いますが、取り付けるためにはどうしても黒真珠バルキリー(インテグラ)の「カウル」を外さなければなりません。
こう言う時はカウル無しのネイキッドタイプがうらやましいけど、好きで手に入れたバイクなんだから文句を言ってはバチが当たりそうです。

でも昔のバイクだとフルカウルタイプでもかなり空間に余裕があったけど、今のバイクは空いたスペースにハイテクを詰め込んでいるからかなりゴチャゴチャしてますね。
それにカウルの材質がなんかこう「ひ弱」な感じで、変な力を入れるとすぐに折れてしまいそうです。(と言うか折ってしまったんだけど・・・)

とりあえず後学のためと同じインテグラに乗っている方のために、ライト周りのカウルの外し方と注意するポイントを残しておきます。
なおこの画像では左側だけを外していますが、基本的に構造は左右対称になっているので迷う事は無いと思います。





DSC1351.jpg
まずは赤丸で囲ったネジとクリップを外してインナーカバーを取ります。
ちなみにインナーカバーの外し方は取扱説明書にも書いてあるのでそんなに難しくはないと思います。



DSC1349.jpg
インナーカバーを外した後でも構わないけど、フロントロアーカバーのクリップも外す必要があります。
赤丸で囲った部分の二つと、画像には写ってないけど矢印の所にもあります。



DSC1356.jpg
インナーカバーを外すとこんな感じ、ヒューズやエアクリーナーが見えます。
カウルがネジ止めしてあるのは赤丸で囲った部分なので、六角レンチを使ってネジを外します。



DSC1282.jpg
これが取り外した左側のカウル。

DSC1285.jpg
裏側のクリップの位置はこうなってます。
下側のクリップは横方向へ外し、ウインカー付近はカウルをひねるようにツメを外します。
そして赤丸で囲った部分は前方へ押し出すように外さないと簡単に折れてしまいますよ。(右側はカウル側も本体側もみごとに折ってしまいました)(ToT)



DSC1300.jpg
カウルを外すとメカがぎっしり!
これを見てたらなぜか「ターミネーター」を思い出してしまった。

I'll be back!



DSC1288.jpg
左右のカウルを外し、ライト周りのクリアランスを確認。
これでリボンを収納するスペースが無かったら最悪だけど、十分余裕がありそうなので一安心です。



DSC1297.jpg
ライト下のカウルを外せば作業がしやすそうなので外す事に。


DSC1299.jpg
このネジとクリップを外せば簡単に取れます。


DSC1295.jpg
ライトの下側から手を入れて作業がしやすくなりました。






この後でLED RIBBON H4の取り付けをやったんですが、その報告はまた後日にでもします。(筆不精の後日はいつかな?)






以下は特に注意する点をピックアップしてみました。


DSC1302.jpg
カウルの一番前側はこの様になっているため、無理に横方向へ外そうとすると確実に折ってしまいますよ。(kingはこれを知らずに折ってしまいました)



DSC1305.jpg
ウインカーの近くにはこの様な突起があるんですが、ここが意外と入りにくかったです。
そしてここも力ずくで入れると、カウルが簡単に破損してしまいます。



DSC1307.jpg
取り付け終わって安心していたら、ここのツメが外れている事を発見。
とにかくこのカウルの着け外しはパズルみたいでした!




カウルの取り外しは順を追って丁寧にやれば何の問題も無いのですが、普通はその「順序」が分からないので余計なネジを外したり、力加減を誤ってカウルを破損させたりしてしまいます。
それらを防ぐためにこれが参考になれば幸いです。




(^◇^)
スポンサーサイト
プロフィール

king

Author:king
まぁ、バイクとパソとその他いろいろ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。