スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば英雄、格安SIMへの移行 準備編

長いようで短かった正月休みも今日で終わり、明日からまたどうでもいいクソみたいな作業をやらされるkingです。
いや、マジでクソすぎて明日からが憂鬱になるぜ!

そんな考えたくもないクソみたいな事はさておき、現在kingは通話用としてauのスマホ、通信用としてZenfone MaxにIIJmioの通信用SIMを入れて使ってます。
なぜ面倒くさい2台持ちをしているかと言うと、もちろんauの通信を使わず毎月の料金を下げるためです。

ただここに来てやはり2台持ちがめんどうになったし、au用のIS12Sの調子が悪くなって来たし、格安SIMの通話用SIMも充実して来たので1台にまとめてやろうと考えたんです。
そしてネットで調べまくった結果、Zenfone MaxにDTI SIMの通話用SIMと言う組み合わせで行く事にしました。


IIJmioのSIMを使ってたんだからそのままIIJmioで行けばいいんじゃないかと思うけど、実はここに一つ落とし穴があり、IIJmioで通話料金を安く使うには「プレフィックス」を使う必要があるらしいんです。
プレフィックスを簡単に言うと、発信する電話番号の頭に特定の番号を付け加える事で、そこの通信業者の専用回線へ誘導して通話料金を安くする事らしいです。

多くの格安SIM業者はこのプレフィックスを採用しているけど、DTI SIMと「mineo(マイネオ)」はプレフィックス無しで普通に電話をかけられるそうです。
歳を取ると操作はシンプルな方がいいですからね♪



と言う事で乗り換えるSIMが決まったのでさっそく契約・・・と言う前に、電話番号の引き継ぎをするためauで「MNP予約番号」を取得しなければなりません。
大手のキャリアであればすべて向こうがやってくれるのですが、格安SIM業者の場合はこんな手続も自分でする必要があります。
ま、その辺が安さの秘密でもあるんでしょうが。

auに電話をしてMNP予約番号を取得した事で、セルラー時代から20年ちょっと使い続けたauとお別れする事になりました。(ちょっと寂しいな・・・)
そして改めてDTI SIMのサイトで契約手続きも済ませたので、2~3日もしたらSIMが送られて来ると思います。
後は送られて来たSIMをZenfone Maxへ挿し、APN設定をした後に「開通手続き」をすれば完了です。

その辺はまた後日にでも記しましょう。(筆不精の後日はいつかな?)
とりあえず明日からのクソみたいな作業のためにもう寝よう、どうでもいいクソみたいな作業のために!



( ´Д`)=3 ハァー
スポンサーサイト
プロフィール

king

Author:king
まぁ、バイクとパソとその他いろいろ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。