FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原点回帰?

大型二輪免許を取ってから今日で2週間。
本来であれば新しいバイクを手に入れ、このブログも新しいカテゴリーで書いているはずなのに、新しいバイクどころか免許の書き換えも終わっていない状況である。
まぁ、免許の書き換えは仕事の都合もあるが、新しいバイク選びは当人の優柔不断が大きな原因だ。
(ToT)

その優柔不断が新しいバイクを候補に上げた。と言うか巡り巡って元に戻ったと言うのが正解かも。
NC750X.jpg
ホンダ NC750X

この画像は今年2014年に発売された「NC750X」だが、兄貴分の「NC700」は2012年に発売されている。
毎度の事だが「NC700・NC750」については各自でググってもらいたい。

さてこのNC750Xに戻ったと言うか、実は大型二輪の免許取得を本気で考え出したのも、最大のイベント北海道ツーリングを本格的に考え出したのもNC700があったからこそなのだ。
そして時が停止・・・じゃなく、時が過ぎると排気量が700ccから750ccへとアップし、NCがいわゆる「ナナハン」になっていた。

小学生の時、少年チャンピオンに連載されていた「750ライダー」を愛読し、大人になったらナナハンに乗りたいと言う夢が叶う時が来たのだ!
だけど現実はそんなに甘くはなかったな。


NCシリーズ・・・と言うか、バイクを選ぶのにどうしても避けられないのが「予算」。
NCには「S」「X」、そして「インテグラ」の3機種があるけど、Sはどちらかと言うとネイキッドに近いのでまっ先に候補から外した。
Xの一番安いヤツは70万円前半であるけど、それだとNCシリーズ最大の魅力である「DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)」が搭載されていない。
DCT搭載機種だと約81万円になるが、そうなるともう9万円捻出すればスクータータイプの「インテグラ」に手が届く。
インテグラ750
インテグラ750S

実はここが一番のミソで、インテグラはDCTの他にABSや大型スクリーンも標準装備となっているが、SとXではそれらがオプション扱いとなるのだ。
つまりDCT搭載のXに必要と思われるオプションを装着すると、インテグラと大差ない価格になってしまう。
しかもインテグラはビッグスクーターと同じ形状をしているので、例え乗り換えたとしてもまったく違和感なく乗れてしまうだろう。




余談だが、「普通のバイクとスクーターの違いは何だ?」と聞かれてすぐに答えられるだろうか?
答えは「普通のバイクはエンジンが前輪側に位置するが、スクーターは後輪側に位置する」だそうだ。
そう言われれば普通のバイクはエンジンが両足で挟める位置にあるけど、スクーターだとエンジンの上に座る位置にある。
ちょっと利口になったぞ♪




話を戻すが、価格が同じくらいなら必然的にインテグラでもよくなるが、しかしやっぱりインテグラは高い!しかも2014年4月21日にはETCとグリップヒーターを標準装備した「E Package」が登場した。
ETCとグリップヒーターも必須装備の候補に上がっていて、Eパケだとそれらが最初から付いているし、後付けよりかは工賃分がやや割安になるらしい。
しかしEパケのインテグラだと総額が約100万円になってしまい、これだと完全な予算オーバーとなるため、やはり一番安いDCT無しのNC750Xで我慢しようかと思う。
だけどそれだと最大の魅力であるDCTが・・・、と言う無限ループに陥ってしまっている。

原点回帰に戻ったはいいが、予算を取るか理想を取るか。
究極の選択じゃ~!


んでこれはオマケのパニア装着車。
もしパニアも買うとなったら破産するかも・・・。
NC700X.jpg
NC700Xのパニア装着車

インテグラ750_2
純正パニアじゃないけど、インテグラもパニアが似合うなぁ~♪

VF-25Samd_07.jpg
で、こいつはパニアにマイクロミサイルを搭載した・・・、って違うだろ!
まぁ、もしパニアを取り付けたら「アーマード・バルキリー」って呼ぶつもりだし

スポンサーサイト
プロフィール

king

Author:king
まぁ、バイクとパソとその他いろいろ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。